思わぬ落とし穴とは?アパート経営のリスクは何?

アパート経営特有のリスクを把握しておこう

遊休地を活用できるだけでなく、固定資産税などを軽減できることで人気となっているのがアパート経営です。ほとんどのケースにおいて安定した利回りを得られていることは事実ですが、特有のリスクがあることを知っておきましょう。
アパート経営をする上で、特に考慮しなければならないのが空室リスクです。入居者が現れなければ1円もお金が入ってこない戸建て賃貸に比べると低リスクですが決して油断できません。空室率が10%以下は許容範囲ですが、20%を越えると要注意。何らかの問題が生じていると捉え、早急に対策を講じることが求められます。
建物の老朽化も避けられないリスクです。アパート入居希望者の多くは新しい物件を好みますから、常に建物を健全な状態にする努力は怠れません。ただし業者にメンテナンスを頼むとコストが高くつきます。極力自分で修理するようにして、実質利回り向上に努めましょう。

管理会社を選ぶ際の注意点

アパート経営のリスクは、空室や老朽化だけではありません。管理会社も大きなリスク要因となります。もちろん入居者募集やその審査、家賃徴収など全てを自分で行うなら問題ないですが、殆どのオーナーは管理会社を利用しているのではないでしょうか。
一口に管理会社といっても、バックボーンによってその得意ジャンルは大きく異なります。たとえば不動産業者関連会社は入居者を募集する術に長けていますが、建物の維持管理が不得手です。ハウスメーカー関連会社は、メンテナンスが得意な反面、空室対策ノウハウに欠ける面があります。このようにそれぞれ一長一短がありますから、管理会社を選ぶ際は自分が求める部分に長けているところを選びましょう。近年は家賃保証に関連したトラブルが増えていますから、その点に関する口コミ情報のチェックも欠かせません。