見極めろ!アパート経営委託のメリット・デメリット

アパート経営のメリット

アパート経営を管理会社に委託するメリットはオーナーとしての管理業務を管理会社に代わりに行ってもらえる事です。共有部分の設備の不具合などに関するクレームにも対応しなくてはなりませんし、場合によっては入居者同士のトラブルに対応する必要があります。そのため管理業務を行うのは簡単な事ではないのです。こうした業務を全て代行してもらえるのは管理会社に委託する最大のメリットと言えます。特に兼業でアパート経営をする人にとっては管理業務の負担が減るので、人気が高いです。管理会社にサブリース契約で管理業務を委託した場合には一定の賃料が貰えるので、家賃収入の安定化にも繋がります。業務を代行してもらえる事以外のメリットがあります。

委託するデメリットとは

管理会社にアパート経営の管理業務を委託する際には管理手数料を支払う事になります。手数料の分だけ利益が減ってしまうのは管理業務を委託するデメリットと言えます。しかし手数料として管理会社に支払い金額に対して管理業務を代わりに行ってもらう事で得られるメリットの方が大きいという場合は迷わず管理会社を使うと良いです。契約に関する業務に関しては資格や経験がないと難しい事が多いので、後で入居者とトラブルにならない為にも管理会社を使うのは効果が高いです。管理会社に委託するときは特定の管理会社だけに相談するのではなく、複数の管理会社に相談してそれぞれの条件をしっかり比較した上で、一番条件が良い管理会社を選ぶと良いです。