絶対失敗しない?したくないアパート経営!

アパートの賃貸管理を任せる

アパートの経営をするオーナーはアパートの管理業務を行う必要があります。管理業務を全て自分で行う場合は入居の募集から入居者からの設備の不具合のクレーム対応など様々な業務を行う必要があります。これはとても大変な事で兼業オーナーにとっては特に負担が大きいです。また一部資格がないと行えない業務もあります。管理業者に管理を委託する事でこれらの業務を管理会社に代わりに行ってもらえるので、手数料を支払う必要はありますが大変な管理業務の負担が軽減できます。管理会社はそれぞれ会社によって手数料などの条件が違うので、特定の業者だけに相談するのではなく、複数の業者を回って比較しながら最も良い管理会社を選ぶ事が大切です。

ローンで購入した場合はサブリースが安心

ローンでアパートを購入して経営する場合に最も避けたいのはローンの支払いが出来なくなる事です。もしローンの支払いが不可能になるとアパートを失ってしまう事になるからです。管理業務を委託しても一般契約だと空室が増えた分だけ利益は減ってしまいます。その為場合によっては満室時に得られる利益の半分以下にまで落ち込む事は珍しくありません。そこでサブリース契約で管理業務を委託する事で一定の賃料が管理会社から支払われるようになるので、収益が安定してローンの支払いが不可能になるリスクが軽減されます。サブリース契約の賃料も業者によって変わるので、複数の業者から賃料などの条件を提示してもらいその中から最も良い条件の管理会社を選ぶと良いです。